日本ハンドボールリーグ男子で5位の琉球コラソンは24日、沖縄市体育館での今季第6戦で2位のトヨタ車体と対戦し、28―31で敗れた。

 前半パスミスが相次ぎ、攻撃のリズムをつくれなかったコラソン。要の東長濱秀作が、トヨタ守備陣の徹底マークを受け、9―14で折り返した。

 後半は前線でプレスをかけてボールを奪うと、棚原良の連続得点などで、後半5分過ぎには、同点に追いつく粘りをみせたが、その後、トヨタの速攻を止めることができず、ホーム3連勝はならなかった。

 コラソンの通算成績は、2勝1分け3敗で勝ち点は4のまま。次戦は30日、山梨県甲州市塩山体育館で豊田合成と対戦する。