県農林水産部は12月1日から、東日本大震災で被災した福島県の復旧・復興支援のため、現地の農林事務所や港湾建設事務所に、北部農林水産振興センター農業水産整備課の我如古巧主任(26)と村づくり計画課の与那覇翔太主任(31)の2職員を派遣する。期間は来年3月31日まで。

福島県へ派遣される我如古巧主任(右から4人目)と与那覇翔太主任(同3人目)=21日、県庁

 県庁で21日に開かれた壮行式で、我如古主任は「福島の復旧・整備に少しでも役立ちたい」、与那覇主任は「先輩方のバトンを受け取り、復興に尽力したい」と抱負を語った。