【東京】スポーツツーリズムを推進する沖縄県は25日、2月のプロ野球キャンプなどの誘客を図るプロジェクト「スポキャンオキナワ2015」のスタートを発表した。東京都内で記者会見し、集客に向けた9事業を発表。元プロ野球選手や野球ファンのお笑い芸人が冬でも温暖な気候、観光の魅力を語って冬の観光をPRした。

プロ野球キャンプなど冬場の沖縄観光の魅力をPRする(左から)元プロ野球選手の山崎武司さん、お笑い芸人の松村邦洋さん、県スポーツ振興課の渡久地一浩課長、野球評論家の田尾安志さん=都内の東京ドームホテル

 今季はプロ野球10球団、サッカー・Jリーグの11チームが沖縄でキャンプ。プロジェクトはキャンプ期間中の誘客だけでなく、幅広いスポーツ関係者にキャンプ地・沖縄をアピールする。

 「スポキャン」のウェブサイトを12月中旬に立ち上げ、キャンプの詳細情報などを公開。2月のキャンプ時には、元プロ野球選手と巡る沖縄キャンプツアーや、OBとファンの交流会、バットやグラブなどの職人とふれ合うイベントなどを実施する。