格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(大阪府、井上慎一CEO)は25日、2015年2月21日から那覇-香港に新規路線を就航させると発表した。LCCの同路線就航は初めて、国内の定期旅客便としては日本航空による運航以来12年ぶりとなる。週4往復8便で運航開始し、今後、毎日運航を目指す。

 ピーチは沖縄を関西空港に次ぐ第2の運航拠点として路線を増やしており、那覇発着の国際線は13年9月に就航した台湾に次いで2路線目。運賃は片道7180円~3万3580円。