【平安名純代・米国特約記者】県知事選で名護市辺野古の新基地建設反対を訴えた翁長雄志氏の当選後、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で抗議活動をしていた高齢者らが負傷した事態について、米側が懸念を示していたことが26日分かった。複数の米政府筋が本紙の取材に対し明らかにした。

 米国務省筋は「抗議活動が行われていることは承知しているが、日本側が安全性を確保しながら(工事を)進めていると理解している」と述べた上で、高齢の負傷者が出た事態について「好ましくない」との見解を示した。

 こうした懸念を日本側に伝えていた可能性もある。