「国際女子サッカークラブ選手権2014」の本戦出場決定戦が27日午後3時から恩納村赤間運動場で行われる。開催地推薦枠の琉球デイゴスが中国チームの江蘇華泰証券女子足球倶楽部と戦う。選手権を主催・運営する日本サッカー協会、日本女子サッカーリーグが26日、発表した。

琉球デイゴスの(左から)又吉浩樹監督、栁沼真歩主将、中国チームのジョウフェイフェイ主将、リーホンビン監督=沖縄県庁

 2012年にヨーロッパとオーストラリア、13年に南米のチームを加えて催された同選手権は3年目の今回、新たにアジアから中国と台湾の2チームを招聘(しょうへい)。

 予選1回戦は25日に行われ、中国A代表に4人がメンバー入りする中国チームが台湾チームに4-2で勝利した。デイゴス-中国チームの勝者は30日に岡山県で開幕する同選手権初戦でなでしこリーグ今季エキサイティングシリーズ優勝チームと対戦する。