【東京で大門雅子】王者が圧巻のKO劇でベルトを守った。26日、東京の後楽園ホールで行われたボクシング東洋太平洋フライ級タイトルマッチ12回戦で本部町出身で26歳の王者、江藤光喜(白井・具志堅スポーツ)が初防衛に成功した。 身長、リーチで上回る江藤光は、初回から左ジャブで距離を取る冷静な試合運び。