国内最大級の国際食品商談会「第1回沖縄大交易会」(主催・県、沖縄懇話会)が27日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター、宜野湾市立体育館で開幕した。世界16の地域・国から、商品の仕入れを担うバイヤー161社、県内を含め国内で食品事業を手掛けるサプライヤー201社の計362社が参加。沖縄を拠点とする物流・商流の活性化を目指し、28日までの2日間、個別商談会や関連イベントを行う。

国内外からのバイヤーでにぎわうフリー商談会=27日、宜野湾市・沖縄コンベンションセンター

 参加企業数は昨年のプレ大会(233社)を129社上回る。今回は事前・事後商談を促し、より成約率を高めるため、専用のマッチングサイトを構築。個別商談会以外に、バイヤーが自由に展示ブースを回るフリー商談会も設け、ビジネスチャンスを幅広く提供している。

 開会セレモニーで、沖縄懇話会の小禄邦男代表幹事は「大交易会を通じて、アジアに近い地理的優位性を生かし、那覇空港の国際貨物ハブ事業など、沖縄の物流拠点化を促したい」などとあいさつした。