映画「ハルサーエイカーTHE MOVIE エイカーズ」の完成記者会見が27日、沖縄県庁であった。2011年、12年にテレビ放映された特撮実写ドラマの映画化。初主演のAKINAさんは「主役ハルの成長物語。人と向き合う大切さ、決断する素晴らしさを描いている。たくさんの人に見てほしい」と話した。

キャラクターたちとともに映画完成をPRする主演のAKINAさん(右から2人目)と監督の岸本司さん(左端)=27日、県庁の記者会見室

 映画は、住民生活を豊かにするため地域の森をつぶす開発計画に、ハルと仲間が立ち向かう。ドラマと同じ出演陣で、キャラクターの容姿を一新した。

 監督の岸本司さんは「日本で一番平和を愛する沖縄で、闘いを回避するヒーローものを作りたかった」と話した。昨年10月から約1カ月、名護市の屋我地島を中心に撮影された。

 沖縄で15年1月10日から先行公開され、初日から12日、17~18日に舞台あいさつがある。県外では同31日から公開。