沖縄戦をテーマに朝日新聞社が今夏に発行した小中高生向け副教材について、「内容が一方的」との一部の報道や政治家の批判をめぐり、沖縄戦の体験者らが「沖縄戦の事実を伝える資料への不当な攻撃であり、歴史をゆがめようとしている」と反発を強めている。