名護市辺野古への新基地建設に反対する市民らは28日、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で抗議集会を開いた。雨が降る中、午前の集会には約30人が参加した。午前11時ごろ、ゲート前をダンプカー約15台が立て続けに通り過ぎ、一時騒然となる場面もあった。

 沖縄平和運動センターの山城博治議長は「工事関係の車両か確認して対応する」と警戒した。海上では見学者を乗せた船を3隻出したが、カヌーでの抗議活動はなかった。