翁長雄志次期知事と沖縄県議会の社民・護憲、県民ネット、共産、社大、うまんちゅの会の5会派は27日、那覇市内での会合で、翁長県政を支える与党連絡会議を発足することを確認した。5会派の県議会対応の調整に加え、新県政の執行部との協議の場としての機能を持たせる。

 県政交代前の野党連絡会議で座長を務めていた社民・護憲の仲宗根悟氏が引き続き座長を務める。出席者によると、翁長氏は「与党として包容力を持った対応をしてほしい」と述べ、県執行部や野党と柔軟に対応する議会運営を要望したという。