【石垣】クリスマス1カ月前の25日、石垣市は教育委員会前の木々をイルミネーションで飾り、点灯式を開いた。親子連れらが訪れ、点灯5秒前からのカウントダウンを一緒に唱えた。約1万8千個の発光ダイオードが一斉に光りだすと、子どもたちは「きれーい」と歓声を上げ、クマノミやマンタ、イルカなど石垣島の海をイメージしたイルミネーションに見入っていた。

イルミネーションを楽しむ親子連れら=石垣市美崎町

 点灯は午後6~10時、来年の3月中旬まで続ける。中山義隆市長は「南国のクリスマススポットとして、多くの人が楽しんでほしい」と期待を込めて話した。