【名護】名護市辺野古への新基地建設に反対する市民らの座り込みが続く米軍キャンプ・シュワブゲート前では、29日午前中も県内外から市民らが次々と駆けつけ、スピーチや替え歌などで抗議のアピールを続けた。沖縄平和運動センターの山城博治議長は「政府の強行姿勢を断固、止めていこう」と声を張り上げて呼びかけ、市民らは「頑張ろう」と気勢をあげた。

替え歌を歌い「基地建設断念を」と決意を強める市民ら=29日午前10時30分ごろ、名護市辺野古