使用済みのペットボトルを使った高さ2メートルのクリスマスツリーが29日、那覇市久茂地のタイムスビルのエントランスホールに展示された。本間ますみさん(45)の作品で、12月31日まで公開する。

ペットボトルを利用して作られたクリスマスツリーを見つめる子どもたち=29日、那覇市久茂地のタイムスビル1階エントランス

 2リットルのペットボトル60本を使いもみの木をリアルに再現。星やクリスタル、雪結晶の飾りもペットボトルを再利用している。台座には発光ダイオード(LED)が組み込まれていて、照明がツリーに当たると光が反射し、全体の色が青や赤、緑に変化し、見る人を楽しませる。