【東京】国指定重要無形文化財「久米島紬(つむぎ)」を展示、販売する東京展が29日、都内の東武百貨店池袋店で始まった。久米島紬の歴史や魅力を伝えるパネル展示や、伝統的な着尺から現代のニーズに合わせた作品まで数多くを展示。大勢の和服ファンが詰め掛けている。30日まで。

久米島紬の魅力を紹介する講演に聴き入る来場者ら=29日、東京・東武百貨店池袋店

 重文指定10周年を記念して、久米島紬事業協同組合が企画。着物の最大の消費地の東京では初めての展示会となった。

 久米島博物館の宮良みゆき学芸員による講話や、原料の糸つむぎや、機織りなどの実演もあり、伝統工芸品の魅力を存分にアピール。試着コーナーもにぎわっていた。