沖縄県選出・関係の前衆院議員7人は2012年12月からの任期中、本会議や委員会での質疑、政府への質問主意書を通して国の姿勢をただし、沖縄の課題解決に取り組んできた。