柔道の第18回九州高校新人大会は29日、鹿児島市の鹿児島アリーナで男女団体戦の決勝までを行った。男子の沖尚は準決勝で大牟田(福岡)に1-4で敗れ、2年連続の3位だった。  2年連続の3位に終わった沖尚の新垣琢也監督。「優勝できる実力はあったと思う。悔しい」と肩を落とした。