【山城博明通信員】コロニアオキナワ第2移住地在住の山城ウタさん(伊江島出身)が20日、100歳の誕生日を迎えた。オキナワ移住地では100歳の長寿を重ねたのはウタさんが初めてだ。

大勢のひ孫らから祝福されケーキを前に幸せそうな表情を浮かべるウタさん(中央)=オキナワ第2移住地

 誕生日には家族、親族がウタさんが同居する長男健司さんの家に集まり、誕生日を祝った。

 在サンタクルス領事事務所の植松聡参事官兼領事より安倍晋三首相からの賞状と記念品が授与された。

 今まで大きな病気にかかったこともなく、健康である。ここ2年ほどは年齢から、少し記憶が薄れ気味という。

 ウタさんは1958年琉球政府送り出しの第6次移民として家族とともにボリビアに移住。以来オキナワ第2移住地に住んでいる。息子3人、孫11人、ひ孫21人に恵まれている。

 また、オキナワ移住地入植60周年式典では仲井真弘多沖縄県知事から感謝状が贈られている。