【堀江剛史通信員】ブラジル沖縄県人会主催の「第10回ウチナー芝居」が9日、同会館で開催された。ビラ・カロン支部うちなーぐち研究会をはじめ琉球舞踊協会、斉藤悟琉舞道場などが参加、うちなーぐちによる舞踏劇、踊り、歌三線など31演目を披露し、約千人の観客を楽しませた。

うちなーぐちが響いた丘の一本松=ブラジル沖縄県人会館

 沖縄特有の家族愛や教育観がうまく描かれ、県民に広く親しまれているという人情喜劇「丘の一本松」が関心を呼んでいた。同研究会で指導する高安宏治さん(66)=本部町=は、「うちなーぐちの敬語は沖縄でも使われなくなっている。せりふを通して伝え、次の世代につなげたい」と思いを語った。

 竹田秀子さん(77)=国頭村=は、「主人公は北谷の方言、オバアは本部の方言を使っていて、とてもよくできている」と笑顔をみせ、うちなーぐちを学び始めたばかりの伊芸クリスチーナさん(45)=3世=は、「私も、もっと上手になって出演したい」と話した。

 沖縄県人会の島袋栄喜副会長は「沖縄の心は、うちなーぐちでないと表せない部分がある。県でも方言を見直す動きがあり、教育機関でも教えている。これからも芝居会を続けたい」と次回開催への意欲を述べた。