今季最多の96得点を挙げたキングスが、前戦のうっぷんを晴らすかのような戦いぶりで、大阪の地で2連勝した。 並里成、アンソニー・ケント、アンソニー・マクヘンリー、岸本隆一が2桁得点を記録した。伊佐勉ヘッドコーチは「選手全員が仕事を全うし、キングスらしいチームバスケットができた」と満足げだった。