【名護】米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古への新基地建設について、仲井真弘多沖縄県知事が沖縄防衛局が提出した工法変更申請を承認する意向を示したことに、名護市の稲嶺進市長は「まさか、やらないでしょう」と戸惑いの声。

 総選挙を目前に控え「このタイミングで承認となれば、選挙にも必ず影響が出る。常識から考えても無理ではないかと思う」と困惑の表情を浮かべ、「行政は継続が大前提。8年にわたり県民の代表として行政の長を務めたのに、最後の最後に承認して『あとは知りません』となれば、本当に無責任な話だ」と語った。