憂歌団のギタリスト・内田勘太郎とボーカル・木村充揮による「憂歌兄弟」のライブ「OUT OF BADLUCK」が16、17日に那覇市と北谷町で開かれる。憂歌兄弟のワンマンライブは沖縄初。

沖縄初のワンマンライブを実施する「憂歌兄弟」の内田勘太郎=那覇市・沖縄タイムス社

 3月に発売したアルバム「憂歌兄弟」は県内でレコーディングしており、内田は「沖縄に移住して20年たつし、録音もここ。ライブの企画段階で真っ先に決まった場所が沖縄。多くの人に聞いてほしいので、那覇と北谷で行う」と話す。博多、浜松、京都を回る予定だが2回公演は沖縄だけだ。

 ソロ、デュオ、バンドとそれぞれに音楽の面白さがあるが人数が多いほど約束事も増えると話し、「木村との2人が自由度も高くていい。1+1の答えが2を超えるライブをみせる」と意気込みを語った。

 両日とも午後8時開演で、入場料は前売り4千円。16日は那覇市のアウトプット、電話098(943)7031。17日は北谷町のモッズ、電話098(936)5708。