【浦添】フォーモストブルーシール(水田正明社長)は1日、7月の台風8号で倒壊した牧港店のネオンサイン再建点灯式を開いた。

ネオンサインの再建を祝う参加者ら=1日、ブルーシール牧港店

台風8号で倒壊した牧港店のネオンサイン=7月8日

ネオンサインの再建を祝う参加者ら=1日、ブルーシール牧港店 台風8号で倒壊した牧港店のネオンサイン=7月8日

 近隣に住む親子連れや関係者らが参加。全員のカウントダウンの後、来賓の松本哲治浦添市長と同社のCMに出演した「らぐぅんぶるぅ」の4人がスイッチを入れ、ネオンサインが輝くと拍手と歓声が湧き上がった。

 アイスクリームやお菓子が参加者に振る舞われたほか、子どもたちのじゃんけん大会もあった。

 水田社長は「ネオンサインが倒れた直後から、多くの方から『いつ直すの?』と声を掛けてもらった」と再建の要望が多かったと説明。「子どもたちの喜ぶ姿を見て、あらためてブルーシールが愛されていると再認識した。感謝と責任を感じている」と話した。

 同社は、ネオンサインの再建に併せて、テラススペースも創設。スペースの愛称も募集したいとしている。