名護市辺野古の新基地建設に向けた埋め立て工事の変更申請で、市民らが仲井真弘多知事に対し、任期が切れる9日までに申請を承認せず、翁長雄志次期知事に判断を委ねることを求める県庁包囲行動が4日、あった。

プラカードを掲げ、新基地反対を訴える県庁包囲行動の参加者=4日午後0時40分、那覇市泉崎

 冷たい雨の中、約2200人(実行委員会発表)が参加し、「承認を許さないぞ」「民意は示された」「仲井真知事は速やかに去れ」と声を上げた。

 埋め立て工事変更申請は、沖縄防衛局が県に提出している。