地方自治体が特産品などを販売・PRするため東京都内に開設しているアンテナショップのうち、半数を超す28店が2013年度に1億円以上の売り上げがあったことが5日、地域活性化センターの調査で分かった。09年度に調査を始めて以来最も多かった。

 同センターは「気軽に地方の雰囲気を味わえ、大手流通業者が扱わない商品を購入できるのが消費者に受けている」と説明している。

 都内のアンテナショップは4月1日時点で52店あり、都道県による開設が39店、市区町村が13店。買い物客らでにぎわう中央区銀座や日本橋、千代田区のJR有楽町駅周辺などに集中しており、郷土料理が味わえるレストランなど飲食施設があるショップも多い。

 売り上げが7億円以上10億円未満と最も多かったのは、北海道の「北海道どさんこプラザ」と沖縄県の「銀座わしたショップ」で、いずれも年間100万人以上の来客があった。