第30回NAHAマラソン(主催・那覇市、南部広域市町村圏事務組合、沖縄タイムス社、琉球放送、那覇市教育委員会、那覇市観光協会、沖縄陸上競技協会)は7日、国道58号明治橋交差点前をスタート、奥武山陸上競技場をゴールとする42・195キロで行われる。

川内優輝

仲間孝大

廣瀬光子

川内優輝 仲間孝大 廣瀬光子

 男子は、招待選手として出場する「公務員ランナー」の川内優輝(27)=埼玉県庁=が自己ベスト2時間8分14秒で優勝候補の筆頭だ。10月の仁川アジア大会3位の実力者でもある。常に全力で走るのが身上で、大会記録2時間23分9秒の大幅更新にも期待がかかる。

 川内に次ぐ注目選手は、昨年8月の北海道マラソンで2時間18分40秒の県記録をマークした仲間孝大(26)=豊見城市。10月の記録会では5000メートルの県記録を更新し、沖縄を代表する長距離ランナーに成長している。初出場だが、川内との優勝争いに十分食い込める。

 県勢ではほかに与那嶺恭平(27)=浦添市、大城大地(28)=同、藤田司(21)=豊見城市=が上位進出をうかがう。

 女子は、廣瀬光子(40)=東京都=が3連覇を狙う。県勢の上位進出にも期待したい。