仲井真弘多知事は退任4日前に、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた埋め立て工事の変更申請を承認した。翁長雄志次期知事が「沖縄の将来に関わる」と重要性を認識し、判断の先送りを求めていたにもかかわらず、今後の政策に責任を持てない仲井真氏の決断には、大いに疑問が残る。