子どもたちが飛行機の重さを体感できる「航空機との綱引き」(主催・空の日実行委員会)が6日、那覇空港であり、約90人の子どもたちが長さ55メートル、重さ30トンのボーイング767を引っ張った。

旅客機を相手に綱引きをする子どもたち=6日午後、那覇空港

 子どもたちは歯を食い縛り、30秒間綱を引っ張ったが、機体はびくともしなかった。保護者や整備士も加わり総勢140人が3度目の挑戦で機体を1メートル動かすと大きな歓声と拍手が起こった。