貝殻の家の代わりに、ペットボトルのキャップに入ったヤドカリ=写真=が8日、沖縄県伊江村の伊江ビーチで見つかった。阿良区在住の東江好機さん(72)が日課のウオーキング中に見つけた。「貝が少なくなっているのか、環境問題を訴えているのか」と珍しく思ったという。

伊江ビーチで見つかった、ペットボトルのキャップに入ったヤドカリ=伊江村内

 本来の“宿”がなく「ぼくのお家はどこへ行ったの」と探しているようにも見えた。(島袋裕次通信員)