【クリッシー悦子通信員】米国カリフォルニア州にある真境名本流琉舞道場愛元の会(真境名愛子会主)主催の公演「能羽(ぬふぁ)ぐくる」が11月2日、ロサンゼルスのアラタニ劇場で開かれた。

真境名由康作の組踊「金武寺の虎千代」を上演する「真境名本流」のメンバー=ロサンゼルス市内

 沖縄の同流師匠会の賛助出演も得て第1部で真境名由康作の組踊「金武寺(ちんでら)の虎千代(とぅらじゅ)」が上演された。山賊に襲われた母親の仇(かたき)を若按司が臣下と共に討つという物語。りりしい若按司の虎千代を真境名本流英美の会の真境名英美さんが好演、悲嘆にくれる母親の乙樽を真境名秀子さん(同流凌雲の会)がしんみりと演じ、心優しいお主前を真境名律弘氏(同流凌雲の会主)が重厚に演じた。

 ロサンゼルスで琉球の芸能公演はたびたびあるが組踊が演じられるのは珍しく、この演目は初めて。英語の字幕スーパーを見ながらストーリーを追い舞台で繰り広げられる歌劇に800人の観衆は見入っていた。

 第2部では真境名愛子会主や同会員による「東細踊」、元服前の少年たちの初々しさを表現した「初春」、東恩名寛惇作詞の「老松」、渡し舟の乗り合い人たちの様子をコミカルに描いた「わたんじゃー船」などバラエティーに富んだ演目を沖縄や米国の踊り手たちが披露。伝統的な中にも斬新さ、華麗さが引き立つ舞台で言葉の壁を越えて観衆を魅了した。地謡を沖縄、ハワイ、ロサンゼルスの演奏家たちが受け持った。

 昨年同流の会主となった愛子さんはロサンゼルス在住。真境名由康の組踊に魅せられ、「由康作の組踊を米国で上演することが長年の夢だった」という。