仲井真弘多知事は9日、任期満了に伴い、退任記者会見を開く方向で調整に入った。普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う代替施設の建設工事で5日に2件の変更承認をした際は、書類による知事コメントを発表したが、記者団が質疑をする場は設定されなかった。退任会見は、変更承認後、初の記者会見ともなり、発言内容に注目が集まりそうだ。

 知事は8日朝、9日の記者会見や離任式に関する事務調整のため、登庁した。変更承認の理由を尋ねた沖縄タイムスの取材に「ペーパーのとおりです。あした記者会見します」と述べるにとどめた。