今季から新たに設立されたサッカーJリーグ3部(J3)に参入したFC琉球は、12チーム中9位(8勝15敗10分け)という不本意な順位でシーズンを終えた。薩川了洋監督の2季目で、昨季から大幅に選手を入れ替え、大卒新人選手が多く加入して「若さ」を前面に出した。