翁長雄志新知事は、選挙で最大の争点となった米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設に反対する立場だ。昨年12月の仲井真弘多知事の埋め立て承認を、県庁内で検証する考えを示し、承認の「取り消し」や「撤回」を視野に入れている。