翁長新知事が直面する“第一のハードル”は、沖縄防衛局が沖縄県に提出中の埋め立て変更申請に対する対応だ。退任直前の仲井真前知事が2件を先行して承認したが、「土砂運搬方法の変更」1件が残る。県の審査基準では「変更内容・理由がやむを得ないか」と規定。