仲井真弘多知事が退任した。初当選時の“工程表”では普天間飛行場問題を早期解決し、沖縄振興政策に傾注するはずだったが、基地の重みが離任の日までのしかかった。雇用政策は口癖の「全国並み」に道筋をつけたが、普天間返還は「道半ば」(退任会見の発言)で去らざるを得なかった。