県知事選で初当選を果たした翁長雄志氏が10日、知事に就任した。同日午前9時、県庁に初登庁。1階県民ホールのセレモニーで秘書課の職員から左胸に「沖縄県知事翁長雄志」のバッジを着けられ、花束を受け取ると、笑顔で職員の作った花道を通り抜け、6階の知事室へ上がった。

県職員が拍手で出迎える中、初登庁する翁長雄志知事=10日午前9時4分、沖縄県庁

 午前9時半から知事室で高良倉吉前副知事の事務引き継ぎを受け、引き継ぎ書に押印。午前10時から就任記者会見を開き、その後の就任式で職員に訓示する。

 翁長氏は引き続き沖縄振興に取り組むほか、政府の進める米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古移設では、反対する立場で難しいかじ取りが迫られる。