県立博物館・美術館(安里進館長)は11日午前、南城市玉城前川の観光施設「ガンガラーの谷」内にあるサキタリ洞遺跡から、9千年前より古いと見られる1体分の成人の骨が見つかったと発表した。関節がつながった状態で、県内では初の事例という。1カ所で1体分の人骨が発見されたのは港川人(約2万年前)、白保竿根田原洞穴人(同)を含め県内最古で、国内でも最古と並ぶ可能性がある。

あおむけの状態で出土した成人の骨。指で示している部分が頭部。中央の胸の部分は石灰岩が覆う=11日午前、南城市玉城前川・サキタリ洞遺跡

 人骨はサキタリ洞東側の調査区Ⅱ、地表下約3メートルの層で頭部や大腿(だいたい)骨、骨盤なども発見。あおむけに横たわり、左腕の前腕と上腕の骨が関節がつながった状態で、上から直径約30センチ程度の石灰岩(4個)で覆われており、人為的に埋葬された可能性があるという。

 これまで同遺跡では、骨の一部がばらばらに見つかっており、洞穴内に自然に流れ込んだ遺体のものかどうかが明らかになっていなかった。

 安里館長は「9千年前以前のある時期に、人々がサキタリ洞を墓として利用していた可能性が高まった。当時の人々の文化に迫る新たな手がかりだ」と話した。