14日投開票の衆院選は11日、「三日攻防」に入った。選挙終盤の3日間は勝敗を左右するとされ、集票合戦が激しさを増している。

 1区は共産前職の赤嶺政賢氏(66)が那覇市牧志のむつみ橋交差点で「選挙区で勝ち世界中に辺野古反対の民意を示す」と訴えた。

 自民前職の国場幸之助氏(41)=公明推薦=は那覇市小禄で「選挙区は国場、比例は公明で完全勝利を」とセット戦術を訴えた。

 維新元職の下地幹郎氏(53)は「交渉力で辺野古の中止撤回を実現し沖縄振興を前に進められるのは私」と実行力をアピールした。

 2区は社民前職の照屋寛徳氏(69)が宜野湾市長田での街宣で「国政で辺野古新基地建設反対を強く日米政府に訴える」と語った。

 自民前職の宮崎政久氏(49)=公明推薦=は宜野湾市内で「国の防音工事補助を認可外保育所に広げた」と実績を強調した。

 3区は自民前職の比嘉奈津美氏(56)=公明推薦=が沖縄市で「医療、介護、保育環境充実のため国とのパイプが必要」と訴えた。

 生活前職の玉城デニー氏(55)も沖縄市内を中心に遊説し「国会でより力強く沖縄の問題を訴えていく」と支持を求めた。

 4区は無所属新人の仲里利信氏(77)が翁長雄志知事とセットで南部市町で遊説し「基地のない平和な沖縄をつくりたい」と訴えた。

 自民前職の西銘恒三郎氏(60)=公明推薦=は南風原町で街宣し「県民所得向上のため自公政権に国政をまかせてほしい」と訴えた。