沖縄市美里の県道で男性(67)が意識不明の重体となったひき逃げ事件で、県警は容疑者を在沖米海兵隊キャンプ・コートニー所属の少佐(40)と特定した。決め手は現場の遺留品と押収車両の欠損部の一致、当初から容疑を認めたという少佐の供述だ。一方、立件前の異例のスピード発表となった。