全体が真っ白で、とろっとした食感。黒く甘いたれをかけ、おろしショウガを乗せて食べると、さらにうまみが増してくる。ジーマーミ豆腐が好きな人は多いだろう

 ▼沖縄の伝統食で、昔は庶民には手の届かない高級品だったようだ。今ではスーパーやコンビニなどに並び、いつでも買い求めることができる。外食時の小鉢に入っていることも多い

 ▼ほとんどの沖縄の人は、原料がピーナツ(落花生)だと知っているから、アレルギーのある人は食べるのを避ける。だが観光客は豆腐だと勘違いして食べ、病院へ搬送されるケースがここ数年、多くなっている(7日付本紙)

 ▼過去に意識障害や呼吸困難など重篤な例があった落花生やえびなど7品目を原材料とする商品には法令上の表示義務があるものの、ホテルや飲食店が提供する料理には表示義務はない

 ▼数年前から7品目の入った料理をメニューに明記している石垣島のホテル担当者は「最近の修学旅行生の中にはアレルギーの子が多い。学校と連携し何かある前に対策をしている」と話した

 ▼県は新聞報道を受け、近くホームページで注意喚起していく。どんな料理にアレルギーを引き起こす材料が使われているのか、きちんと表示する体制をつくって情報発信し、観光立県として食の安全、安心を守ってほしい。(玉寄興也)