沖縄県立博物館・美術館(安里進館長)は11日、南城市玉城前川の観光施設「ガンガラーの谷」内にあるサキタリ洞遺跡から、9千年前より古いとみられるほぼ全身の成人の骨が見つかったと発表した。肘や肩などの関節がつながり、人体の原形に近い状態では県内最古の例。上部を覆うように複数の石灰岩が置かれていることから人為的に埋葬されたとも考えられ、埋葬と確認されれば国内最古となる可能性もある。

人骨の検出状況模式図

サキタリ洞地図

あおむけの状態で出土した成人の骨。指で示している部分が頭部。中央の胸の部分は石灰岩が覆う=11日午前、南城市玉城前川・サキタリ洞遺跡

人骨の検出状況模式図 サキタリ洞地図 あおむけの状態で出土した成人の骨。指で示している部分が頭部。中央の胸の部分は石灰岩が覆う=11日午前、南城市玉城前川・サキタリ洞遺跡

 国内最古の埋葬人骨は、長野県の栃原(とちばら)岩陰遺跡や愛媛県の上黒岩(かみくろいわ)岩陰遺跡などで見つかっており、ともに9千年前とみられている。サキタリ洞の人骨は昨年県内最古の土器が出土した9千年前より2段階古い地層から発見された。同館では今後、骨の科学的分析などの調査を進め、年代や埋葬の可能性といった位置付けを明確にする。これまで県内最古と確定されている埋葬人骨は、名護市大堂原(うふどうばる)貝塚の約7千年前。

 人骨はサキタリ洞東側の調査区2、地表下約3メートルの層で発見。頭部や腕、肋骨(ろっこつ)、骨盤などが人体のままの位置で残っている。大腿(だいたい)骨の一部を残して下半身は失われており、上層を水が流れた跡があることから流されたと推定した。あおむけで、右腕は関節がつながった(交連)まま肘から曲げた状態になっている。港川人(2万2千~2万年前)や白保竿根田原洞穴人(2万4千~2万年前)の骨はばらばらの状態で見つかっており、人体の原形をとどめたまま発見されるのは今回が県内最古。

 また、直径約30センチ程度の石灰岩(4個)で人骨が覆われていることから、同館の山崎真治主任は人為的に埋葬された可能性を指摘。安里館長は「人々がサキタリ洞を墓として利用していた可能性が高まった。当時の人々の文化に迫る新たな手掛かりだ」と話した。

 (年代はすべて放射性炭素年代測定値を実際の年に換算した暦年較正年代で表記した)