【浦添】浦添市が来年4月から認可外保育園にも導入すると発表した多子世帯の保育料軽減制度について、松本哲治市長は12日の同市議会一般質問で「(実施できなかった場合に一体どうなるのかと保護者から)突き上げが来るかもしれないという『脅し』も私の方に来ている。そういうことを背景に、問題解決のために一生懸命進めている」と発言した。又吉謙一氏への答弁。

 沖縄タイムスの取材で、「認可外保育園の経営者から脅されたということか」と問われると、松本市長は「そうではない。誰からということは言えない」と明言を避けた。又吉氏は、多子軽減制度を市として正式に発表したにもかかわらず、当事者の認可外保育園側には連絡がなかったと指摘。対象人数の把握などの事務作業ができていないことも明らかになり、市の対応に疑問を呈した。