今衆院選は、経済政策アベノミクスなど国政運営の評価と政権選択を懸けて与野党が戦う中、沖縄では米軍普天間飛行場返還問題に伴う辺野古新基地建設容認の自民と、建設反対の社民・共産・生活など「建白書」勢力が激突した。