コラソンは勝ち点9で並ぶ大同特殊鋼との3位争いに勝利することができなかった。東長濱秀吉監督は「攻め切れなかった」と肩を落とした。 今季初対戦の大同に前半15分まではリードを保った。だが、5連続失点で流れが大同に傾くと、前半終了までの15分間はわずか1得点に抑え込まれた。