14日投開票された第47回衆院選で、沖縄の小選挙区に立候補した9氏全員が、当選を確実にした。小選挙区で破れた自民候補4氏に加え、1区に出馬した維新元職の下地幹郎氏も九州比例代表での復活当選が確実となった。

 普天間飛行場の名護市辺野古移設の是非を巡っては、移設反対で沖縄県知事選で翁長雄志氏を当選させた「建白書勢力」と容認する「自民現職」の構図となったが、「建白書勢力」が全ての選挙区の議席で勝利。与党は議席を伸ばせなかった。

 沖縄県関係では、比例代表の九州ブロックで単独候補として届け出ている公明党前職の遠山清彦氏も当選を確実にしている。