【東京】沖縄の全4選挙区で自民党候補者が敗れた結果に対し、政府内からは米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐる沖縄への対応に懸念を示す声が上がった。

 一方で普天間問題への賛否両方の民意があるとして、政府方針の堅持は変わらないとの姿勢も見せる。

 防衛省幹部は「沖縄選挙区で自民が厳しい情勢は知っていたが、全区で落とすのは想定外だった」と率直に驚きを隠さない。

 ただ「知事選の流れで反自民の勢いが強かったのだろう。移設反対も民意だが、結果はそれだけの反映ではないはずだ。辺野古移設に理解を求め続けるしかない」と強調した。