社民前職の照屋寛徳氏(69)は革新系5町村の首長だけでなく、知事選で翁長雄志知事を支持した当時の県議会野党や那覇市議会保守系の新風会などによる「建白書」勢力の支援を受け、従来の革新票に加え保守票の取り込みにも成功し、自民前職宮崎政久氏(49)=公明推薦=を退け、5選を果たした。