無所属新人の仲里利信氏(77)が、知事選で翁長雄志氏を支持した「建白書」勢力の全面支援を受け、自民前職の西銘恒三郎氏(60)を破り、初当選した。