翁長雄志知事は15日、安倍晋三首相が米軍普天間飛行場の問題で「(衆院選を受けても)名護市辺野古への移設が唯一の解決策という考えに変わりはない」と発言したことについて「そういう発言をしたなら、大変残念だ」と述べた。記者団の質問に応じた。

 翁長氏は「私どもは辺野古に新基地を造らせないという政策を掲げ、全部勝ってきた」とし、安倍首相に対し「県民の民意をしっかり受け止め、世界に冠たる民主主義国家として(辺野古を)解決してほしい」と訴えた。